2015年02月03日

返済が滞った借金を長年放置しており、信用情報開示をしたら記載されていなかった

しかし借入れ先からは督促状が届いた

信用情報には記載されていないが、借金としてはどうなっているのかという相談もよくあります。

相談
お恥ずかしながら、若い頃の借金が事情により返済が滞ったまま10年近くが経過しております。
この度、消滅時効というものを知り完済できなかった残る4件に関して、
該当しそうである事からJICCに情報開示を求めたところ、
1社の情報しか記載されておらず他の3社に関して債務の状況を確認できない状態にあります。(記載されていた1社に関しては、時効の援用を致しました。)

数日して、残る3社のうちの1社の債務に関して債権回収会社から『催告書』が届きました。
色々調べたりもして、債権者が貸し倒れ償却処理をした場合、
登録期間が過ぎて信用情報が抹消される事もあるようですが、
借金自体が消えた訳ではないので督促を受ける事も理解できますが、
このまま放っておかずに時効を援用した方が良いのでしょうか?
訴訟を起こされたりする可能性もあるのでしょうか?

お知恵をお貸し下さいます様お願い致します。

<引用元:http://www.bengo4.com/saiban/1137/b_15381/>

信用情報に記載されていなくても債務自体が消えているわけではありません

時効の援用を考えた方が良いでしょう

詳しくは専門家に相談してみましょう



情報詳しく知るなら今すぐ信用情報開示請求!詳しくは専門家へ
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示

コメントする

名前
URL
 
  絵文字